« 僕街8 | トップページ | ニュース。 »

2016年4月30日 (土)

僕街AR

■ 一肇 『僕だけがいない街 Another Record』 
読みました。ある意味、原作最終巻より面白かったです。殺人者に共感を覚えるという点ではカミュの異邦人を連想しました(司祭を罵倒するシーンが大好きなんです僕w)。 

さて。小説版「僕街」は、原作を補完し、さらに新しい視点で物語を見せてくれます。原作で(意図的に)説明不足だった兄弟の話はもちろん、悟の幼少期のエピソードやケンヤの父親の話など、気になっていた部分をたくさん拾い上げて読解してくれているので、僕街ファンとしては嬉しい限り。でも「ワンダーガイ」はやり過ぎかなw。「リバイバル」の裏返しとしての「デジャヴ」も面白いです。コミック最終巻を読むと、そのあたり原作者も意識してるように感じられますね。 

突っ込み所は、序盤の悟のセリフに凄く違和感があることかな。悟にとって正義は「悪を倒す」ではなく「仲間を守る」というただ一点。それを成し遂げた現在、犯人を敵とは認識していないと思います。アニメも原作も、最後の対決で描かれたのは「恨み」「憎しみ」の感情ではなく、「理解したい」「理解されたい」という根源的な欲求でした。

|

« 僕街8 | トップページ | ニュース。 »

コメント

小説『僕街』よさげですね
漫画があっさりと終了してしまって
物足りないくらいだったので…
(だらだらと連載してる作品よかずっと
いいですけどね)

投稿: あんみ | 2016年4月30日 (土) 20時44分

意外な展開とか感動する場面とかは
全く無いんですけどね~。
とにかく色々考えさせられました。

で、いまアニメ最終話見返してたら…
あ!先生!漢字間違ってますよ!!
まさか悟に恥をかかせる作戦?(笑)

投稿: gimmitch | 2016年4月30日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/63558986

この記事へのトラックバック一覧です: 僕街AR:

« 僕街8 | トップページ | ニュース。 »