« マンガ。 | トップページ | マンガ… »

2011年10月 3日 (月)

マンガ他

9月購入分。 

■ 沙村広明 『ハルシオン・ランチ』 2巻 
くひひひひひっ、とか思いっきり声に出して笑っちゃいました。人前で読むのは危険。自室で読みましょう。まず絶対笑うトコはやっぱり「おい犬」でしょw。下ネタは鉄板。それ以上にウケたのが、ママん家の見取り図。超懐かし~ww。ミステリーネタが結構多くて嬉しいです。他には…美味しんぼ6巻読んでみてえな(笑)。どんな内容? 「くいしんぼうのあおむしくん」は知らないや。「はらぺこあおむし」とは別物なのね。でもこの結末で思い出すのは銀河ヒッチハイクガイド(映画)かなー。あと栄二郎さん超カッコイイですw。世界に独り残されるとか、ワッハマンみたいw 

■ 森高夕次/アダチケイジ 『グラゼニ』 2巻 
今回も面白かったっす。プロスポーツの世界、勝負の世界の厳しさと面白さがしみじみと伝わってきます。凡田にセーブが付く話が良かったですね、特に。ところで、配球を全部投手が勝手に決めて投げる場面があるけど、そーゆー事もあるのかな~?あと、フランス・ギャルって…おしゃれか?(笑)ジャイキリはテレビアニメで観ましたが、やっぱ面白いよね。 

■ 松田洋子 『ママゴト』 1巻 
ワケあって子供が苦手なスナックのママと、そこに預けられた5歳児の話。この作者のマンガはハズレが無いですねー。鋭く研ぎ澄まされた言葉のセンスが尋常じゃないです。「はっ…初めて会った男と寝るわけにゃいかんのんよ」とか、思わずニヤリとさせられるセリフがいっぱい。後半の泣かせ所では、悔しいけど泣いたっすよ。次巻が楽しみ。 

■ つばな 『第七女子会彷徨』 4巻 
僕、2巻と3巻を読んでないので知らないキャラがちらほら出てきますが、その辺は気にしない方向でw。この作者、相変わらず人間以外のモノを描くのがメッチャ上手いですねー。1巻を読んだときは、非日常ギャグマンガ?という印象でしたが、今回、ちゃんとSF的なテーマでSFマンガを描いてるんだな~と感心しました。雰囲気的には筒井康隆? 

■ つばな 『見かけの二重星』 
意外と本格的なSFで非常に面白かったです。いたって真面目なテーマ性とゆるゆるのほほんとした作風が相まって、かつて無いような不思議な読後感が味わえましたw。悲しんでる人を励ますような、優しさと希望に満ちた物語。それをギャグマンガでさらっと描いてしまうセンスに脱帽です。 

■ 片山ユキヲ 『花もて語れ』 3巻 
「セリフとは何か?」を問う第3巻。マンガ的には色々とアレですが、扱うテーマが興味深くて思わず引き込まれます。このマンガ、主人公が2人になってから面白くなったよねー。てゆーか、もう満里子メインで良くね?ww 

余談。
先日amazonで Neko Jump のCDを予約しました。目当てはもちろん『プ~ねこ』です。超楽しみ~~。あと、ワンセグとEテレで今週から「野田ともうします。」シーズン2が放送されるらしい。これまた楽しみ~~。原作を読んでないので、未だに登場人物の人間関係がよく分かりませんが…w

|

« マンガ。 | トップページ | マンガ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/52899725

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ他:

« マンガ。 | トップページ | マンガ… »