« まんが | トップページ | 今月のテレビとか »

2011年4月30日 (土)

漫画。

今月購入のマンガとか。 

▼ ヤマザキマリ 『テルマエ・ロマエ』 3巻 
意外と続くこのマンガ、ネタが尽きるどころか巻を重ねる毎にどんどん面白くなっとる。スゲェ~。続きもとても気になります。ルシウスの活躍がもっと見たい! 

▼ ヤマザキマリ 『アラビア猫のゴルム』 1巻 
テルマエと同時発売の猫マンガ。この作者のテルマエ以外の作品を読むのは初めてで、すごく期待したのですが…んんー、いまいち。 

▼ とよ田みのる 『友達100人できるかな』 5巻 
あれっ?もう完結巻?作者力尽きたか??などと邪推しつつ読みましたが、まぁ妥当な終わり方だったと言えるでしょう。普通に感動したし。やはりセリフの面白さとカッコ良さが卓越してます。ただ、100人のうち約3分の2が端折られてしまったのは、ちと残念。せめて47人目までは例の機械(ラテカセ)無しで描いて欲しかったけど…でも5巻完結くらいでちょうど良いのかもね。
(以下余談)
SF映画などを観ながら時々思うのですが、異星人が登場するSFを書くときに面倒なのは数と時間の概念じゃないかと。まず異星人との対話に十進法は使えるのかとゆー話ですが、これは書き方次第かな?難しいのは時間で、一日とか一年とか一秒といった単位が全く通用しない世界をどう表現するかは、書き手の力量が試される課題であるよーな気がします。距離や重さなどに比べて、時間はストーリーに直接影響しやすいので厄介ですよねw 

▼ 小原愼司 『コジカは正義の味方じゃない』 1巻 
このままゆるいギャグ路線で行ってくれたら面白いと思うです。『菫画報』みたいな部活マンガが理想ですが、流石にそれは無理か。『パノラマデリュージョン』みたく無茶な展開にならなきゃいーけど(笑)。コジカと白鳥の掛け合いは、スミレと上小路を思い出させます。てゆか上小路鉱二と児嶋小鹿って似てんなw。何気にキャラが一番立ってる鈴木は今後の活躍に期待大。あと第3話に出てきたお父ちゃん。職業は何だろうと思ったら…絵物語ってアンタ…いや、むしろ新しい?意外と売れるかも? 

▼ 芦奈野ひとし 『カブのイサキ』 4巻 
面白いけど、あっとゆーまに読み終わっちゃうのが寂しいです。4巻ではSF的な要素がほとんど無かったのでちょっと物足りないし。早く5巻出ないかなー… 

▼ 松本英子 『荒呼吸』 4巻 
一番笑ったのはP.86の「そうきたか…自分…」ですね。発想が渋すぎるwwさすがだわw。四十路にして自分と向き合い克服してゆく作者はすげーと思うです。ダメな自分を許すとか僕には一生無理な気がするものw 

|

« まんが | トップページ | 今月のテレビとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/51537343

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画。:

« まんが | トップページ | 今月のテレビとか »