« DG-10 | トップページ | 星見 »

2009年9月27日 (日)

GAアニメ_12

芸術科アートデザインクラス第12話「ヘクセン・ケッセル」
最終回です。面白かったなぁ。
前半はナミコさんの風邪の話。いつも居る人が居ないのは寂しいよね。でも、アニメ的にはこういうちょっとした変化が結構楽しいイベントだったりする訳で。自分もこんな風に毎日を楽しみながら過ごしたい…けど、現実はほど遠いなぁw。ここで一句。「面白き事も無き世を面白く」by高杉晋作。すみなすものは心なりけり、か。うむ。ところで、「絵画上等」と「闘魂」の作業衣が妙にカッコイイぞ。4話のアレは結局トモカネ用になったのねw。あと、ノダちゃんの早口セリフが気になったので解析したところ「“西洋菓子工房”ってゆお店」でした。ちぇっ、使い回しだったかw
後半は、ついに来ました!闇鍋!とりあえず全12話の中で一番笑ったっすwwwもちろん原作読んでネタ全部知ってるんだけど、やっぱり面白いわコレ。アニメだと印象も変わるしねー。尺の関係で細かいネタが若干カットされてたのが少し残念。原作も読もう!
エピローグ(?)は、みんなでワイワイガヤガヤ。最後も5人のクロストークで終わるあたりがいかにもこの作品らしい。良いですねー。…って、キョージュ、「ケルト系」って言ったか?すげぇ聴きてぇ~!エンヤか!?ww
ED曲は最終回特別バージョン「ココロいろ Palettes」でした。次回予告の曲のロングバージョンですね。大団円って感じ。最後もほのぼの。キョージュが両手に持ってるのは何だろう?デバイダ?

さて。蛇足ではありますが・・・キサラギ&あーさんのファーストコンタクトの話を何故やらん!?OP曲の歌詞にもなってる超重要なエピソードなのにぃ~(OVAでやるつもりか?)。そーいやキサラギEDの「上履きなのに~」のネタもやってないよね。他にもレタリングとかドッペルゲンガーとか美味しいネタが結構残ってるよなぁ。特に越廼先生が登場する話は是非アニメで見たかった…。2期に期待するしかないか~。

さらに蛇足。個性的なGAのメインキャラ5人。個人的に好きな順に並べると、原作では
 トモカネ・キョージュ・キサラギ・ナミコさん・ノダミキ
ですが、アニメでは
 ノダちゃん・ナミコ母さん・トモカネ・マサ・キサラギ
です。やっぱ声優さんの力が大きいすね。アニメ版のノダがやたら可愛くて困る。声がもうノダだし。逆に、ナミコさんの声を聴いた時は目からウロコ、いや、耳から…何だ?兎に角、ナミコさんこんな声だったのか!と驚くと同時に激しく納得しました。トモカネはイメージそのまんま。素晴らしい。キョージュとキサラギも良いんだけど、3人のテンションにはかなわないな~と。

|

« DG-10 | トップページ | 星見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/46323044

この記事へのトラックバック一覧です: GAアニメ_12:

» 『GA 芸術科アートデザインクラス』 第12話 「ヘクセン・ケッセル」 (2009-09-22) [Peehyoro Acalaのネタ帳]
「トモカネ殿が水道を暴発させて」ってトモカネ、あなた何処の本郷猛ですか。 今日は [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 22時29分

« DG-10 | トップページ | 星見 »