« とりのなん子 『とりぱん』 4巻 | トップページ | 2007年後半に聴いた音楽 »

2007年11月 3日 (土)

茄子 スーツケースの渡り鳥

とりぱんとスケッチブックのおかげですっかり後回しにされてしまいましたが、先日よーやく観ましたよw。自転車レースを題材にしたアニメ「茄子 アンダルシアの夏」の続編。ただし今回は劇場版ではなくOVA作品です。

物語は、あるスター選手の自殺から始まります。ちょっと重めの話ですね。原作はすご~くくだらないハナシだった気がするのですが…違ったっけw?
僕の感想としては、ストーリーもレース展開も前作より面白かったです。画面の迫力や爽快感もかなり増してる感じがしました。猫が出てこないのはちと残念かもw。アンヘルとカルメンは出なくて正解w。
さて、今回の注目は何と言っても藤村D&嬉野Dの声優初挑戦でしょう。どうでしょうファンとして非常に心配しておりましたが…。藤やん、冒頭からうるせーよってくらいしゃべりまくりw。でも、意外と無難にこなしてる感じでしたね。知らずに観たら気付かなかったかも知れません。逆に大泉さんの方が自然な演技のせいか、あまりにも大泉さんなので気になるくらいでした。まぁ機内食のシーンはやりすぎっつーか、いらねぇ!って思いましたけど(笑)。一方うれしーはセリフがほとんど無いなぁ。「危ないって」とかは、もっと声が裏返る感じで言って欲しかったですw。
声優と言えば、今回はチョッチ(山寺宏一)とマルコ(大塚明夫)がカッコ良すぎて、ペペは完全に引き立て役でしたねー。大泉さんも頑張りましたが相手が悪すぎましたw。
ところで、この人たちって何語でしゃべってんだろ?

以下、だらだらと感想。
監督2人になった?もしかして強引に藤やんの役作ったのか?なんだこの宮崎アニメみたいなヒロインw。「女だってつらいのよ」って、矢野顕子かー。寺の2人は驚いたっす。名前がアレですけどw。茄子の漬け物は僕はあまり好きじゃないなー。出た、どうでしょうネタ!ユーコンの第一夜だ!ペペ、セリフはカッコイイんだけどケツが…(笑)。ザンコーニ、何か出てる~。オーラっていうか、妖気?餃子のぬいぐるみカワイイな。

【追記】
この作品について、やたら詳しく紹介しているサイトがありました。
特に、高坂監督のロングインタビューは必読です。
http://clappa.jp/Special/86/

|

« とりのなん子 『とりぱん』 4巻 | トップページ | 2007年後半に聴いた音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/16957843

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子 スーツケースの渡り鳥:

« とりのなん子 『とりぱん』 4巻 | トップページ | 2007年後半に聴いた音楽 »