« マンガのはなし | トップページ | 木尾士目 『げんしけん』 9巻(特装版) »

2006年12月28日 (木)

石川雅之 『もやしもん』 4巻

武藤さんて玉掛の資格持ってんだー。すごーい。そーいえば工事現場でバイトしてる絵があったもんなー。そうか、あれは伏線だったのかー。
…いやぁ相変わらず面白いッス。今回一番の見どころはやはり後半の“喪失感”かなぁ。例えるなら『寄生獣』でミギーがいなくなった時のよーな。長谷川さんの「童貞捨てたらその力なくなったりして」とゆーセリフも良い前フリになってます。お見事。
僕、この巻を読んで、ゴスロリってちょっとイイかも、と思ってしまいました。ま~あの格好が似合う人は滅多にいねぇと思いますが。と言うか、この作者が描くからカッコ良く見えるのかな。あと、沢木と蛍の関係がなんかいいなぁと思ってしまった僕は壊れてるんでしょーか?最近マンガばっかし読んでるからなぁ…。でも、蛍と話す沢木が、他では見せた事のない無防備な表情をしているのがとても印象的だったのですよ。
さて。沢木にとって転機となった4巻。この先どーなるのか非常に楽しみですが、どーせまたダラダラ続いて行くだけなんだろうなーこのマンガは。まぁそこが素晴らしいんですけどね。次巻予告は相変わらずワケわかりません(笑)。顔だけ出して埋まってるのは「戦メリ」のパロディらしいけど…。
★★★★★

あっ!次巻予告で思い出しましたが、僕、限定版も買ったんでした。わざわざ発売日の朝に買いに行ったんですけど、ウチ帰って冷静に見ると、正直邪魔くさいっすね。通常版のカバーの絵が気に入ったので結局あとで買っちゃったし。限定版の方は親戚の子供にくれてやろうかな・・・。

|

« マンガのはなし | トップページ | 木尾士目 『げんしけん』 9巻(特装版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/13232299

この記事へのトラックバック一覧です: 石川雅之 『もやしもん』 4巻:

« マンガのはなし | トップページ | 木尾士目 『げんしけん』 9巻(特装版) »