« とりのなん子 『とりぱん』 2巻 | トップページ | ちょっと凹む »

2006年9月26日 (火)

『猫本』

てなワケで早速買ってきました。お目当ては、とりのなん子と小林賢太郎。amazonのレビューでは酷評されてましたが、僕はほとんど予備知識なしで読んだせいか、こんな人も参加してたのか~って感じですごく楽しめました。てゆーかこのメンツでカワイイ猫マンガなんか期待しちゃダメだよ?僕としては、講談社で猫マンガと言えば杉作でしょう!と思うのですが、残念ながら参加されてません。なんでー?
★★★★☆

以下、各作品の感想です。長くなりますが、掲載作品は全て紹介しといた方がいいかな~と思ったので。
◆ こなみかなた 「チーズスイートホーム」
再録3本+描き下ろし1本半。実は僕このマンガをよく知りません。感想は…正統派ネコマンガって感じ?面白いかどうかは微妙。
◆ 北道正幸 「プ~ねこ」
編集部が選んだベスト20作品だそうです。このマンガ、タイトルが「プ~ねこ」になる前の方が面白かった気がするなぁ…って、もう覚えてないけどね。
◆ 萩尾望都 「長靴をはいたシマ猫」
ぶわはははは。なんじゃこりゃ。すげーよ萩尾先生。バカ?
◆ とりのなん子 「ミーちゃん」
「とりぱん」ミーちゃん編。安定した面白さです。
◆ 瀧波ユカリ 「臨死!!江古田ちゃん」
「講談社の策略に~」は笑ったっす。amazonのレビュアーにはめっちゃ不評のようですが(笑)。負けるな江古田ちゃん。でも僕も単行本は持ってないです。ごめんね。
◆ 山下和美 「天才柳沢教授とタマの生活」
「ざりざりの刑」が良いです。w
◆ 伊藤理佐 「おいクロタン!!」
うーむ。僕はこの人のマンガを読んだ事がないのです。猫マンガとしてはいまひとつかな~。
◆ 漆原友紀 「猫、母になる」
つい最近までこの人を男だと思ってました、というのはさておき。「蟲師」以外の作品を初めて見ました。面白かったです。名作。「モジャ」って、バーバパパですか?懐かし~。
◆ 近藤ようこ 「深井」
この辺りから僕の知らない漫画家さんが出てきます。怪談。でもストーリーがありきたりかなぁ。
◆ 北道正幸 「猫は猫づれ ノラはノラづれ」
エッセイ漫画。個人的には「プ~ねこ」よりこっちのが面白かった。
◆ いくえみ綾 「いとしコロッケ」
なんかオチがあるのかと思ったら何も無くて驚きました。これはこれでアリ。
◆ 堀内夏子 「恐怖の猫おばさん」
こーゆー話は怖いのでやめて欲しいっす。w
◆ ジョージ朝倉 「猫が行方知れず」
この本で一番笑えました。おもしれぇ~。猫本だっつーのにネコ出てこないし。なんかタイトルの元ネタはフランス映画らしい。
◆ 松田洋子 「猫不可」
出たぁー。江古田ちゃん以上の問題作か?と思ったら意外とマジメなお話でした。「呪い」は笑ったけどね。『ミミッチ』3巻が楽しみです~。
◆ 業田良家 「負け猫のタンゴ」
個人的には好きです。この人のマンガって、深いのかくだらないのか良くわからなくて、つい読んじゃうんですよねー。余談ですが僕は『自虐の詩』は別に…って感じでした。
◆ えびなみつる 「言ってはいけない」
ウマイなぁこの人。著書を検索してみると…うわ~読んでみたい~って本ばかり。ああもう。困るんだよなぁそーゆーの。
◆ 小田扉 「野良山」
最近じゃすっかり売れっ子になられた漫画家さんですが、これは…どう見ても猫には見えん。怖いってば。
◆ やまだないと 「そういうホシ」
この人の作品もほとんど読んだ事ないですが、たまに見かけるといつもこんな感じだなぁ。ダウナー系。名作かも。
◆ 小林賢太郎 「Ninico」
久々に見たけど、やっぱハナウサギよりニニコのがかわいい。今回の作品は…シュール?できればストーリーものが読みたかったな。残念。
◆ 大ハシ正ヤ 「もう俺、ネコでいいや」
ツボに入ると笑えるけれど、めったに入らないこのシリーズ。打率1割のホームランバッターか?たいていは欄外のコメントの方が面白いです。あ、でも最後の「何か不満が~」はちょっとツボかも。あるあるある。
◆ 横山克弘 「ぽんちゃんと私のダイエット騒動」
ん?新人の方ですか?がんばってね。ギャグは向いてないかも。
◆ 横山キムチ 「ねこだらけ」
ごめん、全然わかんない。でもネットで検索すると意外と好評なのねコレ。
◆ 諸星大二郎 「猫六先生執筆録」
さすが巨匠、ヤマが無かろうがオチが無かろうがおかまいなし!僕としては、この人がこんなアホな漫画を描くとは知らなかったので、それだけで読む価値がありました。
◆ 小林まこと 「What's Michael?」
ワシらが子供の頃に流行った(らしい)マンガだよなぁ。作者のインタビューと作者自らが選んだ4作品が収録されていて興味深いです。いま読んでも面白い。どちらかと言うとネコより人間たちの方が変ですね。

(関連記事)
猫本2(ムック版)

|

« とりのなん子 『とりぱん』 2巻 | トップページ | ちょっと凹む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/12044457

この記事へのトラックバック一覧です: 『猫本』:

« とりのなん子 『とりぱん』 2巻 | トップページ | ちょっと凹む »