« 杉作 『マル犬ロッキー』 4巻 | トップページ | サイト内検索の変更 »

2006年9月 4日 (月)

松本英子 『プロジェクト松 ステキな東京魔窟』 (交通新聞社)

『とりぱん』(とりのなん子)を読んだ後でさっそく購入しました。著者と編集者、「小心者のくせに無謀」な2人が普段行く機会のない店を探検したりするイラストエッセイ。コマ割りの無いマンガのような体裁なのですが、絵の並び方に法則性が無いのと、右開きなのに文字が横書きなのとでかなり読みにくいっす。極端に記号化された著者自身の顔がなんか怖いし、やたらと引っ掛かりの多い本だなぁ。
ネタ的には、庶民な2人が場違いな店で針のムシロ状態となる「超高級ブランドショップ死ぬかと思ったレポート in銀座」や「魯山人ゆかりの料理講習に冷汗 in阿佐ヶ谷」などが面白いです。「おもいっきりアバレンジャーショー in後楽園」も馬鹿馬鹿しくて笑いました。一方、著者のお気に入りの町を紹介する「ホリキリ・ラヴ・ストーリー in堀切」や「力説!私がこの町を推す理由 in上野」では町への愛がひしひしと感じられてなんだかしみじみ。「稲荷巡りで、打倒!小岩の武生 in千住」も企画として面白いんだけど、それよりも人ん家の前に立って物を食う2人の姿がキョーレツに印象に残りました。「ザ・魔窟 ブロードウェイを往く!! in中野」・・・昔、川原泉の古本屋のレポートをどこかで読んで、いつか行ってみたいな~と思っていましたが・・・そーか、ここも魔窟だったのか・・・。
この本にある著者への質問コーナーで、「好きなヒーローは?」という問いに「ワッハマン」と答えているのが素晴らしいです。僕も単行本買っていたのですが、途中であまりに下ネタ(?)ギャグが多くなって挫折しちゃったんですよ。結局あの話はどんな結末だったんだろ?
★★★☆☆

評価が辛めなのは、僕としては、やはりこのジャンルでは大田垣晴子の方が好きだな~という気がしたもので…。まぁ当たりハズレありますけどね。『日用服飾事典』はファッションに全く興味の無い僕でも面白く読めたのでオススメかな?

ちなみに。「英子」は「えいこ」、「晴子」は「せいこ」ですよ。一応念のため。
さっき「松本英子」で検索してみて初めて同じ名前の歌手がいる事を知りました。芸能関係疎いよなぁ~俺。篠原ともえ割と好きなのに…YA-TO-Iの曲とか…。

おまけ。
モーニング2に掲載された松本英子の「荒呼吸~女の危機管理~」も読みました。こちらは普通のコママンガなので読み易かったです。内容はなんと露出魔目撃レポート。すげぇ~。この人いいネタ持ってるなぁ~。次はどんなネタで来るんだろう?ちょっと楽しみです。(次号にも載るよね?)

|

« 杉作 『マル犬ロッキー』 4巻 | トップページ | サイト内検索の変更 »

コメント

私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを紹介しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいます。
お客様のサイトはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?coog
support__center@mail.goo.ne.jp

投稿: e-アフィリ | 2006年9月 4日 (月) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/11753930

この記事へのトラックバック一覧です: 松本英子 『プロジェクト松 ステキな東京魔窟』 (交通新聞社):

« 杉作 『マル犬ロッキー』 4巻 | トップページ | サイト内検索の変更 »