« 芦奈野ひとし 『ヨコハマ買い出し紀行』 14巻 | トップページ | 湖西晶 『お湯屋へようこそ』 »

2006年5月27日 (土)

アフタヌーン7月号

買っちまった。『おお振り』7巻が出るまで本誌は読まないつもりだったのですが、まぁ仕方ないやね。
「峠」
芦奈野ひとしの特別描き下ろし。たった6ページの為にアフタヌーン買いました。
「げんしけん」
そーか、笹原卒業とともに完結か。単行本が楽しみッス。
「もっけ」
こちらは主人公が進学しても続いているようで一安心。
「ヒストリエ」
物語も佳境に入りつつあるようです。あまりハリキリすぎて『へウレーカ』にならないよーに。しかし、相変わらずスローペースですなぁ。4巻はいつ出るんだろう?
「臨死!!江古田ちゃん」
カツゲンって北海道限定だったのか…。そーいえばコッチじゃ見たことないかも。
「愛読者ボイス選手権 超拡大版」
プランターの話の2コマ目は久々に笑いました。単行本には特に興味が無かったのですが、「キモカッコワルイ」のキャッチコピーに思わず買ってしまいそうです。
「おおきく振りかぶって」
三橋の考えている事を察してあげられる栄口ってスゴイ。高校野球漫画でここまで深い心理描写を毎回のよーにやってしまう作者もスゴイ。
「もやしもん」
なんか聞いた事ある、という程度の作品でしたが、これ見ると読みたくなりますね~。たぶん近いうちに1巻買うと思います。にしても「本当に出張」って。キアイ入ってるなぁ~。

|

« 芦奈野ひとし 『ヨコハマ買い出し紀行』 14巻 | トップページ | 湖西晶 『お湯屋へようこそ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80256/10268408

この記事へのトラックバック一覧です: アフタヌーン7月号:

« 芦奈野ひとし 『ヨコハマ買い出し紀行』 14巻 | トップページ | 湖西晶 『お湯屋へようこそ』 »